更新日: 2022年04月05日

電波暗室測定システム

特徴

電子機器から発生する放射電磁ノイズの測定,及び電子機器の放射電磁ノイズに対する耐性試験が可能

機種

[放射エミッション測定]
東陽テクニカ(株)
EP5/RE(測定ソフトウェア) 他
[放射イミュニティ試験]
松下テクノトレーディング(株)
MS−1101(試験ソフトウェア) 他

詳細仕様

料金

使用料金:

¥4,600円(1時間あたり)

研究員による支援 3,900円/時
操作法説明 3,900円/時
時間外の機器利用料は2割増となります。

施設機器の利用制限

---

説明

用途

  • 放射エミッション測定(CISPR 11 / 15 / 25 / 32,VCCI 他)
  • 放射イミュニティ試験(IEC 61000-4-3 他)
  • 雑音電力測定(CISPR 14-1,電気用品安全法 他)
  • アンテナ放射パターン測定

スペック・付属品等

  • 放射エミッション測定
    ・測定周波数範囲:30 MHz 〜 6 GHz
  • 放射イミュニティ試験
    ・試験周波数範囲:80 MHz 〜 6 GHz
    ・印加電界強度:最大10 V/m
  • 雑音電力測定
    ・測定周波数範囲:30MHz~300MHz
    ・ケーブル直径:20 mmまで

JKA補助

JKA

  • EMIレシーバー:平成29年度 公益財団法人JKA 補助
  • 放射イミュニティ試験システム:平成20年度 財団法人JKA(現:公益財団法人JKA)
  • 伝導EMI測定装置:平成18年度 日本自転車振興会(現:公益財団法人JKA)
  • マイクロ波EMIレシーバーシステム:平成16年度 日本自転車振興会(現:公益財団法人JKA)
  • マイクロ波パワーアンプシステム:平成16年度 日本自転車振興会(現:公益財団法人JKA)

関連機器

QRコード

QR Code
印刷