MDE研究会

更新日: 2022年3月2日
 

デジタルエンジニアリング分野に関する技術課題の共有や,先行実験,先端技術セミナーなどの場を通じて,産学官の連携により,相互連携が可能なネットワーク構築を行います。
現在は,コロナ禍のためオンライン上での活動が主となっておりますが,毎回熱心な情報交換が行われます。

参加申し込み受付中の研究会

  •   R4年度第1回金属AM研究会

    • 開催日: 2022年7月06日 13時30分
    • 実施場所: オンライン(Zoom)
    • 概要: 金属AM技術(3Dプリンター)の活用事例や企業訪問による事例検討を通して,研究会参加企業内での活用事例を模索する研究会です。
    • 定員: 80名
    • 申込み締切日:
    • タグ: , , ,


活動中の研究会

過去に実施した研究会

  • FDM用途開発研究会
  • トポロジー最適化研究会
  • DDM研究会

金属AM研究会

活動内容

金属3Dプリンター(金属AM[Additive Manufacturing])を活用した産業応用可能性探索,技術トライアル,世界や国内の最新情報を会員の皆様と共有します。
会員の皆様からの話題提供も歓迎しています。
座長:東北大学金属材料研究所 千葉晶彦教授

過去に行った主な内容

  • 電子ビーム式金属3Dプリンター装置見学
  • 金属3Dプリンター用高品質材料(PREPについて)
  • 金属3Dプリンターのシミュレーション技術解説
  • AMのISO規格に関する世界動向
  • 金属造形品後加工に関するトライアル結果
  • チタン造形品サンプルに基づくマーケティング調査・技術調査
  • DfAMについて情報提供

AMビジネスモデル研究会

活動内容

AM(Additive Manufacturing,付加製造,積層造形)を活用した産業化には,新たなビジネスモデルの創出が不可欠とされています。世界では新たなビジネスモデルを考案し,製造・生産の視点だけでなく,後加工最適化による低コスト化やユーザーメリットの向上による収益向上などトータルな視点からのAMの戦略的活用を行っている企業が成功を収めている例があり,事例が徐々に増えてきています。
本研究会では,そうした事例研究を行い,今後のビジネスモデルを考えるヒントを掴んでいただきます。

過去に行った内容

  • ビジネスアイデアの磨き方(リーンキャンバスを用いて)
  • ベンチャービジネス起業の考え方から新規事業創出の考え方を学ぶ
  • AMビジネスモデルを創る実例とヒント

各研究会への申し込み方法

各研究会への入会申し込みはこちらのフォームからお申し込み下さい。
入会費,年会費等は無料でご入会いただけます。

どなたでもご参加いただけます。
入会後,会員の皆様に研究会実施の際にはご案内を差し上げます。

造形に関する補助金情報

画像は令和3年度の募集要項です。

宮城県庁新産業振興課では,金属造形を希望する企業向けの補助金事業があります。
詳しくはこちらをご覧下さい。

お問い合わせ先

宮城県産業技術総合センター 企画・事業推進部 商品開発支援班
TEL:022-377-8700
相談受付フォーム
E-mail: miyagi-de@pref.miyagi.lg.jp