3次元画像計測及びデータ活用事例

更新日: 2022年3月4日
 

3次元画像計測及びデータ活用事例について

自動車や高度電子機械産業において重要な「樹脂成型,プレス,鋳造・鍛造・ダイカスト製品」の形状検査や評価に活用できるほか,CADデータの生成も可能です。

評価 項目 評価内容 装置・ソフトウェア
3次元画像計測 持ち運び可能な測定物 据え置き型の測定機 非接触画像光学式3次元デジタイザComet5
持ち運びが難しい測定物 ハンディタイプの測定機
(重量物,金型,生産設備等)
ポータブル3DデジタイザHandyScan700
3次元画像計測データの活用※ 形状検査・評価 設計3次元CADデータ又は現物同士のカラーマップ比較検査 検査ソフトウェアspGauge
(形状不具合解析)
CADデータ生成
(リバースエンジニアリング)
部分CAD生成
オートサーフェース生成
ソリッドデータ生成
自動不具合修正
CAD生成ソフトウェアspScan
Geomagic
変換・修正ソフトウェアspGate
3次元画像処理・解析 既存ソフトでは対応できない特殊処理
(3次元画像計測データから2次元画像生成計算など)
アルゴリズムシミュレータ
Matlab/Simulink  他

※他にも,超精密非接触三次元形状評価装置ワンショット測定顕微鏡X線CTなどのデータの活用も可能。

3次元デジタイザ

  • プロジェクターからパターン光を投影し,カメラで読み取り,3次元形状を測定する技術
  • 3次元デジタルエンジニアリング技術「CAT(Computer Aided Testing):検査」
3次元デジタイザ外観
3次元デジタイザ外観(Comet5)
3次元デジタイザ測定例
測定例(Comet5)
ポータブル3Dデジタイザの外観
ポータブル3Dデジタイザの外観(HandyScan700)
ポータブル3Dデジタイザ測定例
測定例(HandyScan700)

自由曲面形状の多い製品の計測

ノギスなどでは計測しにくい,自由曲面形状のある製品の形状測定が可能です。

  • 同一製品の形状の比較検査
  • 形状データのデジタル保管

設計3次元CADデータとの比較検査

作製した現物の形状を測定し,3次元CADデータとの比較を行うことで,製作物が設計どおりに出来ているか確認することができます。

  • 品質管理の高度化
  • 設計へのフィードバック
樹脂切削物と設計CADデータとの比較
ギアカバー(樹脂切削)
鋳物と設計CADデータとの比較
ベーゴマ(鋳物)

CADデータ生成(リバースエンジニアリング)

既存のものの形状を測定し,デジタルデータ化することができます。

  • 既存製品を基にした新たな製品の設計や提案
  • 破損したものの修復や複製
自動車フロントバンパーのデジタルデータ化
自動車フロントバンパー(大型樹脂成型)
自動車ドアミラーの形状データ
自動車ドアミラー(樹脂成型)